美容整形とうつ病の関係

ビフォーアフター

施術内容や特徴を把握しておこう

日本では、美容整形を受けている人が年間130万人ほどいると言われています。人口の100人に1人が美容整形を受けている計算になるでしょう。このように、美容整形は1つのブームになっていると言っても過言ではありません。美容整形の中で比較的人気があるのは、プチ整形と呼ばれるもので、ボトックス注射などがこれに該当します。ボトックス品川でも、ボトックス注射を行うことができるため、若い人を中心にたくさんの予約が入っています。ただ最近は、美容整形のボトックス注射が医療に応用できることが知られておりさらに注目を集めています。例えばボトックス品川ではまだ行われていませんが、うつ病の治療をするために注射を打つと、次第に状態が良くなるとのことです。これはアメリカの実験等で次第にわかってきていますが、ボトックス注射は筋肉を麻痺させる働きがあり、これがうつ病の原因となる筋肉にアプローチすれば、うつ状態を止められると言う仕組みです。今までうつ病になっており自動車の運転が守らない人にとっては、チャンスといえます。これから運転をできる機会が増えるかもしれません。ちなみに、うつ病で運転ができなくなる理由の1つは、寝不足に陥り自動車を運転すると危険だからです。あるいは、薬などを飲むことにより精神的に安定感がなくなってしまい、運転をするときに危険が伴うと予想できます。施術内容は、注射1本を打つだけで病気が解消されます。ただ、日本ではまだこのやり方を実施しているところはなく、将来的にボトックス注射により持病がなくなることが期待されています。

ボトックス品川に通うには、その特徴をよく理解しておきたいところです。まず、治療をした後どのようになるかを理解しておきましょう。今まで自動車の運転ができなかったけども仕事で自動車の運転をしなければならない人は、これから制限なく運転ができるようになるかもしれません。しかも比較的簡単に治療することが可能になります。一方で、ボトックス品川では治療するときの効果についても考えておきたいところです。現在の美容整形の結果を見ると、ボトックス注射の効果は半永久的とは言えません。永久的にこの効果が続くのではなく、長ければ半年程度効果が持続すると言うわけです。その一方で、効果が持続しにくい体質の人もおり、この場合には3ヶ月程度で効果が出なくなっていくでしょう。このように考えれば、可能な限り定期的に通うことが必要になります。せっかくうつ病の状態が良くなったとしても、定期的に通わずまた元に戻ってしまっては行動が制限されてしまいます。ボトックス注射の特徴は、完全に治癒ができるわけではないと言うことです。これは投薬治療と同じように、一時的に状態を良くするだけで、根本的にうつ病の状態が治るとは限りません。そうすると、どこかの段階でカウンセリングなどを行うことが必要になります。つまり、現在の投薬治療と同じように根本的な病気の解決にならないと言う意味において、カウンセリングを必要とします。カウンセリングをする場合には、長期的に行うことを前提にした方が良いでしょう。ただそうであっても、やはり毎日薬を飲むよりは随分と楽になります。

Copyright© 2020 品川にある、美容整形外科クリニックでボトックス注射を受けましょう All Rights Reserved.